犬の在宅看護士はどんな仕事

世界有数のペット大国である日本では犬の平均寿命も明らかに長くなっています。

健康なままシニア期を迎えるにしても、いずれは介護などの必要な段階に至ります。飼い主のへの忠誠心が高く、家族の一員として古来から身近な存在だった犬についても介護の問題に直面するのはいわば自然の趨勢と言えます。このような場面での正しく適正な療養看護のために制度化されたのが、犬の在宅看護士になります。

犬の在宅看護士に有益な情報の紹介です。

犬の在宅看護士についての知識を習得することで、病気の早期発見のための基礎の獣医学知識から具体的に在宅での犬の介護技術など幅広い分野での知識を学ぶことが出きるのです。


犬の飼い主様はもちろん、動物看護師やペットトリマーなど犬に携わる職業に従事している人からの人気も高い資格になります。犬の在宅看護士は主に通信講座を受講することになり、学習期間の目安は半年程度とされています。通信講座なので自分のペースであいた時間を利用して勉強を進めることが出来ます。

学習に使用するテキストはカリキュラムごとに要点を抑えた内容になっており、職業をお持ちの方でも効率的に学習を進めることが可能になっているのです。



通信講座だけでは実技の習得に不安をお持ちであれば、定期的に実技講座やセミナーなどが開催されているので、それらの機会を利用することでさらなるスキルアップも可能になっています。
犬の在宅看護士を取得することで、愛犬の看護にもすぐに活用できるのでより適切な環境での介護も可能になるのです。



top