犬の健康管理士とは何を勉強するのか

犬の健康管理士とは犬の健康を維持することを目的に、その生態にかんする知識を習得し看護などに必要な知識や技術を身につけることを趣旨にした民間資格にあります。

大切な家族の一員とも言うべき愛犬の家庭内において病気の早期発見に努めたい方や、ペットトリマーやペットシッターなど犬の世話に取り組む職業の方がより高いサービスを提供するための需要などに対応しているのが特徴です。

しっかりとした犬の健康管理士が一般的になってきました。

犬の健康管理士を取得するには通学で16講座を受講することで試験受験資格を取得したうえで、最終試験に合格すれば取得することがかないます。
講座は不定期に開催されていますが、誰でも老若男女問わず、犬の健康管理に関心のあるひとであれば受講することができます。

4日間の短期集中講座のスタイルを採用しており、自宅で愛犬の介護や看護に従事している人や、愛犬がシニア期に差し掛かっているので自宅での万全のケアを実践したい飼い主様からのニーズも高い傾向があります。



またペット関連の業務に携わっている方にとっては、犬に関する日ごろのケアの適切なアドバイスを提供することにつながり、信頼関係を構築することが出きるメリットもあるようです。

犬の健康管理士の講座内容の一部を具体的に紹介すると、犬の食べ物の消化吸収や犬ならではの栄養バランスや、避妊や去勢、体全般の健康管理全般など犬の日常的な健康状態の確認や、犬の行動特性についての知識など愛犬と生活する上で気付きにくい事項を効率的に学習できることも人気の理由です。



top